疾病予防事業

健康保険組合では、被保険者およびご家族(被扶養者)の健康状態のチェック・保持、疾病の予防・早期発見を図るため、各種健診のご案内や費用補助を実施しています。

積極的に健診を受診し、ご自身の健康管理にお役立てください。

胃・大腸検診の実施

被保険者を対象に、事業所の定期健診時に胃(50歳以上偶数年齢時)および大腸(35歳および40歳以上)のがん検診を実施した場合には、その費用を健康保険組合で負担します。100%受診を心がけ、もし異常が見つかった場合には、精密検査を受診頂きますよう、お願いいたします。

健診・各種がん検診費用補助

自治体や医療機関で健診・各種がん検診を受診した場合、それぞれの項目について費用補助を行なっています。以下をご覧のうえ、積極的にご利用ください。

特定健診とがん検診を混同される方が見うけられますが、別のものとなります。
特定健診の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

受診~申請の流れ

自治体や医療機関で健診や各種がん検診を受診した後、補助申請書に領収書(原本)を添付して申請いただきます。

補助金は、約1~2か月後に被保険者の給与口座に振り込まれます。

図:受診~申請の流れ

注意事項<受診する前に必ずお読みください>

特定健診対象者とは 年度末年齢が40歳以上74歳以下の方は特定健診対象者です。
令和3(2021)年度においては、誕生日が昭和57(1982)年3月31日以前の方となります。
年度末年齢とは 健保年度は4月始まりのため、翌3月31日時点の年齢が年度末年齢となります。
保険診療について 補助対象は保険外・10割自費精算分となり、保険診療の場合は補助できません。
申請回数について 令和3(2021)年4月1日~令和4(2022)年3月31日に受診したものについて、年度内に各項目1回ずつ申請が可能です。 分けても申請できますが、できるだけすべて済んでからまとめて申請ください。
申請期限について 令和3(2021)年度の申請期限は、令和4(2022)年3月31日(木) ブリヂストン健康保険組合必着となります。
期限に間に合うよう、年度内早期の受診をお勧めいたします。
期限間近に受診され、申請書類の送付が期日までに間に合わない場合は、仮申請等をご案内しますのでご連絡ください。連絡なく申請期限を過ぎた場合は、補助いたしかねます。
支給方法について 被保険者の給与口座(任継者は登録済の郵貯口座)に振込いたします。
領収書の添付
について
領収書(原本)を本申請書に添付して提出ください。
原則、項目の記載のない領収書は不可とします。 もし領収書だけで項目やそれぞれの金額などが判別できない場合は、わかる資料を添付するか、医療機関の方に内訳を書き込んでいただくようにしてください。
提出先について 社内便の場合は、「1930A 費用補助担当」宛て
外便の場合は、〒103-6013 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー13階
       ブリヂストン健康保険組合 費用補助担当 宛て
基本健診
対象者 被扶養者・任継者
対象年齢 年度末年齢35歳以上40歳未満
内容 生活習慣病健診・がん検診・前立腺腫瘍マーカー(PSA)等について、3,000円(税込)を限度に補助します。
注意事項

○特定健診対象者は対象外です。

○「脳ドック」「PET」「前立腺以外の腫瘍マーカー」は対象外です。

乳がん検診
対象者 被保険者・被扶養者
対象年齢 年度末年齢35歳以上
内容 触診・マンモグラフィー・超音波などの乳がん検診について、5,000円(税込)を限度に補助します。
注意事項

○腫瘍マーカー、甲状腺検査などは対象外です。

○乳がん検診と子宮がん検診がセットになっている場合は、それぞれ単独で受診した場合の料金を勘案して補助します。総合的な健診とのセットや、乳がん子宮がんのセット検診で料金が設定されている場合、各検査の個別の金額がわかる明細がなければ補助ができません。

子宮がん検診
対象者 被保険者・被扶養者
対象年齢 年度末年齢20歳以上
内容 内診・細胞診・経膣超音波・HPV検査などの子宮がん検診について、5,000円(税込)を限度に補助します。
注意事項

○卵巣がん検査、腫瘍マーカー、甲状腺検査などは対象外です。

○乳がん検診と子宮がん検診がセットになっている場合は、それぞれ単独で受診した場合の料金を勘案して補助します。総合的な健診とのセットや、乳がん子宮がんのセット検診で料金が設定されている場合、各検査の個別の金額がわかる明細がなければ補助ができません。

その他がん検診
対象者 被扶養者・任継者
対象年齢 年度末年齢40歳以上75歳以下。但し、受診日時点で74歳以下(特定健診対象者)
内容 乳がん・子宮がん以外の個別の部位を対象としたがん検診について、すべて合わせて3,000円(税込)を限度に補助します。
注意事項

○自治体や医療機関で行なう「胃がん検診」「大腸がん検診」「肺がん検診」「前立腺腫瘍マーカー(PSA)」など、個別の部位のがん検診を対象とします。

○人間ドック・生活習慣病健診などで個別の部位の費用が明確でないもの、前立腺以外の腫瘍マーカー、PETなどは対象外です。

【Q&A】

   準備中

申請書類はこちら

健診・各種がん検診費用補助 書類(PDF) 記入見本(PDF)

家庭常備薬斡旋

被保険者ならびにご家族の方の健康保持増進対策と便宜を図る目的でクスリ卸業者の協力を得て一流メーカーの医薬品を特価にて斡旋しています(年1回)。

歯科検診

事業所主催で被保険者の希望される方を対象に口腔衛生指導を実施し、費用の半額を健康保険組合が補助します。

このページのトップへ