疾病予防事業

被保険者及びご家族(被扶養者)の健康状態のチェック・保持のために、各種健康診断の実施や、婦人健診、がん検診の費用補助等を実施しています。

自覚症状のない病気や、異常を早期に発見するためには、積極的に健康診断を受け、ご自身の健康の管理にお役立てください。

胃・大腸検診の実施

疾病の予防、早期発見を図る為、35歳および40歳以上の被保険者を対象に、事業所の定期健診時に胃および大腸ガンの検診を健康保険組合負担で年1回実施しております。100%受診を心がけ、もし異常が見つかりましたら精密検査を受診願います。

婦人健診・がん検診費用補助

当健康保険組合では各種健診に対し、費用補助を行っています。以下をご覧の上、積極的にご利用をお願いいたします。

注意事項(各検査共通)

  1. 年度内(4月1日~翌3月31日)でそれぞれ1回まで申請可能です。
    申請期限も年度末までの健康保険組合着となりますので、申請ができるように受診して下さい。
  2. 3月の受診等で、年度末健保必着に間に合わない場合は、FAX等での仮申請をご案内しますので、健康保険組合まで、ご連絡ください。(TEL:03-5202-7791)
  3. 申請書に、検査項目とその金額がわかる領収書(原本)を添付ください。

受診〜申請の流れ

ご自身で市区町村の巡回検診や、医療機関の健診を受診された後、領収書を申請書に添付して申請いただきます。補助金は被保険者の給与口座に振り込まれます。

図:受診〜申請の流れ

特定健診対象者とは

特定健診対象者かどうかが、補助を申請するうえで重要になります。特定健診対象者とは、年度末(3月31日)時点で40歳以上の方 を指します。ご注意ください。

婦人健診費用補助

お住まいの自治体やお近くの医療機関で行う健康診断、乳がん・子宮がん検診を受診した場合、それぞれ補助が受けられます。定期的に受診しましょう。

ただし、乳がん・子宮がん、その他のがん検診の費用補助については、「個別の部位のがん検診」のみが対象となり、総合的な健診(人間ドックや生活習慣病健診)などとセットで受診された場合は、個別の費用がわかる明細がなければ補助できませんのでご注意ください。

なお、当健保組合から受診券を配布された方は、冊子またはホームページに掲載した医療機関(ここをクリック)にて特定健診を受診してください。なお、がん検診は特定健診には含まれておりませんので、別に(または組み合わせて)受診ください。

基本健診他
対象者 女性の被扶養者
対象年齢 受診日時点35歳以上で、特定健診対象者でない方
内容 基本健診(身体測定、血液検査など)、生活習慣病健診、がん検診、その他の検査について3,000円を限度に補助します。
注意事項

○人間ドックは費用補助の対象外です。

○特定健診対象者はこの補助を受けられません。

乳がん検診
対象者 女性の被保険者、被扶養者
対象年齢 受診日時点で35歳以上
内容 乳がんの検診について5,000円を限度に補助します。
注意事項

○腫瘍マーカー、甲状腺検査などは対象外です。

○乳がん検診と子宮がん検診がセットになっている場合は、それぞれ単独で受診した場合の料金を勘案して補助します。総合的な健診とのセットや、乳がん子宮がんのセット検診で料金が設定されている場合、各検査の個別の金額がわかる明細がなければ補助ができません。

子宮がん検診
対象者 女性の被保険者、被扶養者
対象年齢 受診日時点で20歳以上
内容 子宮がんの検診について5,000円を限度に補助します。
注意事項

○卵巣がん検査、腫瘍マーカー、甲状腺検査などは対象外です。

○乳がん検診と子宮がん検診がセットになっている場合は、それぞれ単独で受診した場合の料金を勘案して補助します。総合的な健診とのセットや、乳がん子宮がんのセット検診で料金が設定されている場合、各検査の個別の金額がわかる明細がなければ補助ができません。

その他がん検診費用補助

特定健診対象者となる被扶養者が、乳がん・子宮がん以外の個別の部位のがん検診を受けた場合に補助を受けられます。

自治体主催のがん検診を利用すると安価で受診できますのでお勧めいたします。

対象者 被扶養者
対象年齢 特定健診対象者
内容 乳がん・子宮がん以外の個別の部位を対象としたがん検診について、すべて合わせて3,000円を限度に補助します。
注意事項

○男性の前立腺がん(PSA)検診も補助されます。

○自治体や医療機関で行なう「胃がん検診」「大腸がん検診」などの個別の部位のがん検診を対象とします。総合的な健診(人間ドック、生活習慣病健診、PET健診)とのセットで受診した場合、各検査の個別の金額がわかる明細がなければ補助ができません。

申請書類はこちら

婦人健診・がん検診他費用補助申請書 書類(PDF) 記入見本(PDF)

家庭常備薬斡旋

被保険者ならびにご家族の方の健康保持増進対策と便宜を図る目的でクスリ卸業者の協力を得て一流メーカーの医薬品を特価にて斡旋しています(年1回)。

歯科検診

事業所主催で被保険者の希望される方を対象に口腔衛生指導を実施し、費用の半額を健康保険組合が補助します。

このページのトップへ