被扶養者認定申請に必要な書類

◎:収入の有無に関わらず必ず添付する書類

○:該当している場合に添付する書類

必要な添付書類 扶養申請する家族 証明書類の入手先通知書を
交付している所(例示)
配偶者・父母・祖父母・兄姉・弟妹・子(学生以外)注1 義父母・他
同居 別居 同居が条件
所得証明書又は無収入・無所得の方は非課税証明書(原本)18才以上全員(学生除く)注2
源泉徴収票では所得証明書の代用はできません

市区町村課税係等(1月1日在住)
取りに行けない場合は郵送で依頼可能
在学証明書(原本)高校生以下不要 学校・予備校
住民票(写)   市区町村
障害者手帳(3級以上)   都道府県
子以外の場合、就職状況や収入により次の書類も必要です
今まで就職していた 雇用保険に加入していた 受給しない 離職票1及び2又は資格喪失確認通知書(写)・誓約書 公共職業安定所(ハローワーク)
受給する 受給資格者証の1面(写)とその裏面(写)・誓約書
受給期間延長 退職証明書と受給期間延長通知書(写)・誓約書注3
受給終了 受給資格者証の1面と最終面
雇用保険に未加入 退職証明書及び雇用保険に加入していなかった証明 勤務先
就職している 給与収入がある 直近の給与明細3ヶ月分又は雇用契約書 給与明細をコピー又は勤務先へ証明依頼
給与以外の収入がある 事業・不動産所得・農業所得 (1)確定申告第1表・第2表写し
(2)収支内訳書等※廃業の場合は廃業証明書
税務署・市区町村課税係(1月1日在住)等
一時所得 (1)確定申告第1表・第2表写し
(2)税務署「譲渡所得の内訳書」書面、契約書
年金・遺族年金 年金証書+最新の支払通知書
(障害年金・遺族年金含)
・社会保険事務所
・農業者年金は農業者年金基金
仕送り収入額 扶養状況届出書(健保様式)に銀行振込票の控え等半年分を添付
手渡しの場合は送金証明になりません
金融機関

注1親の申請をする場合、被保険者の兄・姉がいる時は事業所担当課にある「扶養の現状について」を提出ください。

注2前年1月〜12月の所得が本年6月以降に(市町村によっては7月)本年度の証明書として発行されます。所得証明書に証明されていない遺族年金・傷病手当金等非課税所得の分についても判る証明書類が必要です。被扶養者の収入限度額は「被扶養者になれる人の範囲」を参照ください。

注3受給延長通知書受領まで時間を要する為、後日提出を条件に母子手帳の写し等、延長理由の判るものを添付し提出も可能です。

このページのトップへ